効率的に作業するためのグループウェアとその機能

企業など組織や集団の内部でコミュニケーションを取ったり、情報を共有したりできるソフトウェアのことをグループウェアと呼びます。
グループウェアは、企業の部署内などで所属しているメンバーが効率よく共同作業ができるように設計されており、複数の機能が組み合わされたものが一般的です。



グループウェアの代表的な機能としては、メンバー内でネットワークを通じて連絡を取り合うためのメールやチャットなどのコミュニケーション機能、遠隔地でのメンバー同士が音声や動画で会話できるWeb会議やテレビ会議機能、業務に関連する文書ファイルを共有できるファイル共有機能などがあります。

グループウェアを導入するメリットとして、情報を一元管理し、共有化できること、グループ内での円滑なコミュニケーションが図れることが挙げられます。


メンバーのスケジュールを管理し、共有することで様々な予定を組みやすくなりますし、作業のノウハウやアイデアをデータベース化して共有することで、効率的に作業を行うことができます。

今すぐ見つかるグループウェアの情報が更新されています。

グループウェアにはクラウドを利用したWeb型とクライアント型があり、近年ではWeb型が主流となってきています。

Weblio辞書に関連する情報や口コミを扱っているサイトです。

クライアント型は運用コストがかかってしまうのがデメリットですが、社内データを自社内のみで扱うので情報漏えいの危険性は自社内でコントロールできます。

一方、Web型はブラウザを使うことができれば、すぐに利用できますが、クラウド上でデータを管理することになるので、重要なデータの管理には向いていません。