企業の在り方を変えるグループウェア。

中小企業をはじめ多くの企業が今最も導入したいと考えているグループウェアは、最強の情報活用ツールなので、使い方次第で大きく企業の在り方が変わってくるのではないだろうか。

グループウェアとは、企業内で情報を共有したり人と人とのコミュニケーションを可視化することができるソフトウェアをさします。



指定されたメンバーが効率的に共同作業できるように設計されたもので、複数の機能を組み合わされているのです。

ネットワークを通じてメールやチャットやインスタントメッセージングなどのコミュニケーションツールや動画や音声などで話し合うことができるテレビ会議機能やウェブ会議機能、他にも、情報ファイル、仕様書、画像データなどのファイル共有機能、企画書や報告書の起案や決済ができるワークフロー機能、スケジュール機能と連動している会議室予約機能があるのです。



グループウェアを使うことによって、外出先でもリアルタイムの情報を確認することができる情報の共有化が図られるのです。



また、紙文書を回覧でまわすというアナログな一方通行の伝達ではなく、ネットワーク内の電子掲示板に書き込むことにより、必要なタイミングで閲覧することが可能であり、見た人が書き込みをすることもできるので、社内のコミュニケーション向上にも役に立つのです。

そして、今まで社内を巡回して処理されていた書類をネットワーク上で扱うことによって、処理の迅速化が図られ、業務の効率化が生まれるのです。